スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月の富士見ファンタジア文庫 本日の騎士ミロク


本日の騎士ミロク6 (富士見ファンタジア文庫)本日の騎士ミロク6 (富士見ファンタジア文庫)
(2010/11/20)
田口 仙年堂

商品詳細を見る


<あらすじ>
 ミロクの書く『反省文』でさまざまな騒動を回想する短編集。
 弁当をかけた戦いへと参加する 『地の月 二十六日 体育館地下にて』
 告白スポットの真偽を確かめる 『獣の月 十日 第七校舎裏手にて』
 水泳の授業で盗撮魔を退治する 『緑の月 二十四日 学園内プールにて』
 倉庫で見つけた籠手でくっつく 『塩の月 五日 倉庫にて』
 学園長、驚きの正体が判明する 『精霊の月 三十日 学園長室にて』

<感想>
<弁当バトル>
 騎士の本領発揮といったところでしょうか。力自慢の学生程度じゃ全く歯が立ちません。
 ハンデを付けているとはいえミロクたちは騎士、少し大人気なかった気もします。
 まあ、そこはミロクが反省文を書いていることからもわかるようにちゃんと反省しているようですね。

 基本的に赤目隊のメンバーはみんな真面目です。
 こういう学生たちのお遊びみたいなものに混ざる事のできる機会はそうないのかもしれません。
 今回の騒動はいい息抜きになったのではないでしょうか。

<告白と銅像>
 いきなりミロクがアーニィに告白してる場面からはじまるこの騒動。
 真っ赤になった二人を見るとニヤニヤします。
 そして泣きそうになって嫉妬するジュジュが可愛かったです。

 ジュジュとアーニィは上司と部下、姫と護衛という関係。
 ミロクを挟んだ三角関係はどのように進んでいくのかが気になります。

<水着回>
 まさかの水着回。ファンタジー世界でもビキニやスクール水着。でもそんなの関係ねえ!
 盗撮に関する騒動だったわけですが、犯人多すぎるんじゃないでしょうか。なにこの学園こわい。そしてそれをすべて見つけるフェリサはさすがです。
 ミロクはラノベの主人公らしくラッキースケベな目にあうのかと思っていましたが、真面目に働いていましたね。妹が被害にあったというのもありそうですが。

 ミロクのシスコン具合とフェリサのいろいろなすごさがとてもよくわかる回でした。

<手錠シチュ>
 着替えで照れるジュジュという珍しいものを見ることができました。
 別キャラでもやって欲しいという気持ちはありますが、最後の展開を見るとやっぱりミロクとジュジュだからこそだったのかなという気もします。
 姫のためにトイレに行くのを我慢するミロクはかっこよかったです。トイレに行くのを我慢してるだけでもかっこよかったです!
 でもビスマルクとミロクがくっついてビスマルクを目の敵にする奴らに追われるミロクとか見てみたいです。もちろん最後は爆発オチで。

 恋愛関係になくともミロクとジュジュはすでに息のあったパートナーとしてなら一流ですね。

<学園長>
 学園長、まさかの無機物。
 喋る武器が出てくると期待したくなるのは主人公が持つ最強の武器。でもすでにジュジュから渡される武器がかなりのものなのでそれはないかもしれません。いつもはニンジン使ってるし。
 そしてここでも登場する銅像さん。暴走しすぎじゃないでしょうか。やっぱりずっとじっとしているとストレスが溜まるのかなあ。
 学園長使ったら十分というよりむしろ役不足。人的被害がなくてよかったと思うべきでしょう。

 老いてなお凄まじい力、うっかりで制御がきかなくなる分危険度は増しているかも知れません。

<まとめ>
 ファンタジー世界での日常は本編に負けず劣らずの面白さですね。
 今回の短編集はミロクが通う学園での騒動でしたが、赤目隊としての騒動も見てみたいです。

 書き下ろし以外はドラゴンマガジンで読んでいましたが今回の書き下ろしで短編を関連付けていて面白かったです。

 ミロクとマルクでひとつの記事にまとめようと思っていましたが長くなってしまったので分離。
 短編それぞれに感想を書くと長くなってしまいますね。多分次は影執事マルクです。
 それではまた、次の更新で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ふじゅ

Author:ふじゅ
いろいろまとめて書きたいときはblog、ちょくちょくつぶやきたいときはTwitterという感じで。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

pixivプロフィールバナー
pixivプロフィール

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
読書メーター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。